ここから本文です

美ら海水族館行き快適に 沖縄県バス協、那覇空港から直行便

6/21(水) 10:07配信

琉球新報

 沖縄県バス協会は20日、那覇市から沖縄美ら海水族館のある海洋博記念公園(本部町)に直行する高速バス「系統117番」を7月1日から運行すると発表した。那覇空港などから海洋博公園までの直行バスは沖縄中央観光が運行しているが、バス協会会員社ではこれまでなかったことから、県内最大の集客を誇る人気施設まで乗り換えなしで行ける路線を新設した。


 117番は那覇空港を始点に沖縄自動車道を走行、名護バスターミナル、本部港、海洋博記念公園前(美ら海水族館)などを経てホテルオリオン・モトブリゾート&スパが終点となる。始点から終点まで所要時間は2時間15~30分で、料金は2500円。琉球バス交通、沖縄バス、那覇バスが運行する。

 117番は那覇向けが10便、本部向けが9便で、既存の高速バス「系統111番」(那覇空港―名護バスターミナル)と合わせた運行回数は23便に増える。111番は最終便の出発時刻を空港発が午後8時15分、名護発が午後7時15分とそれぞれ延長する。

琉球新報社

最終更新:6/21(水) 10:23
琉球新報