ここから本文です

加藤九段「幸せな棋士人生」 ツイッターでファンに別れ

6/21(水) 5:06配信

朝日新聞デジタル

 史上最年長棋士の加藤一二三(ひふみ)九段(77)が約63年間の現役生活に別れを告げた。名人など数々のタイトルを手にしてきた将棋界のレジェンドは、敗北の後、報道陣の取材には応じず、将棋会館を後にした。最後の対局でも、我が道を行く「加藤流」のスタイルを貫いた。

 20日午前、東京都渋谷区の将棋会館で始まった竜王戦(読売新聞社主催)の6組昇級者決定戦。午後8時10分、加藤九段が投了を告げた。相手と一局を振り返る「感想戦」を行わず、一目散に退室。エレベーターで1階に降りてタクシーに乗り込んだ。終始、無言だった。

 終局後の取材に備え、会館には50人を超える報道陣が待機していた。日本将棋連盟の常務理事、森下卓九段は「加藤一二三九段の記者会見ができなかったことは、将棋連盟として深くおわびします」と謝罪。この対局は、戦いを詳しく振り返る「観戦記」が主催紙に載る予定になっていた。こうした対局で感想戦がないのは異例だ。

 予兆はあった。記者は10日ほど前、別件で加藤九段を取材した。その際、加藤九段は「20日の対局は、終わった後に取材を受けません」と宣言していた。この日の対局中、既に敗勢に陥っていた加藤九段と廊下で鉢合わせした時も、「今日はコメントしませんから」と自ら語っていた。

 この日、加藤九段は朝から険しい表情で気合をみなぎらせていた。引退がかかった大勝負だが、頭の中には「勝利」しかないように見えた。並々ならぬ意気込みで臨んだ対局に敗れた後だけに、事前の宣言通り、大勢の報道陣の質問に答える心境にはなれなかったのかもしれない。

 将棋会館を後にしてから1時間半後、加藤九段はツイッターを更新した。

 「本日を持ちまして、わたくし加藤一二三は公式戦からは現役を退く運びとなりました。当時の史上最年少記録となる14歳7ケ月でのプロデビュー以来、63年もの長きに亘り、各棋戦を主催いただき多大なる御支援賜りましたすべてのスポンサーの皆様、報道関係者の皆様には、心より厚く御礼申し上げます」

 「10歳のとき新聞の観戦記に触れ将棋の本質を悟ったわたくしが、天職である将棋に、最善の環境の中、生涯を懸け全身全霊を傾け打ち込むことができましたのは、御支援賜りましたスポンサー、将棋ファンすべての皆様おひとりおひとりのおかげに他なりません。幸せな棋士人生をありがとうございました」(村瀬信也)

朝日新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ