ここから本文です

星野みちるの新作アルバム『黄道十二宮』より「流れ星ランデブー」MV公開

6/21(水) 18:11配信

CDジャーナル

 星野みちるが、6月21日(水)にオリジナル・フル・アルバム『黄道十二宮』(HCCD-9588 2,800円 + 税)を発売。オリジナルとしては前作から約1年9ヶ月ぶりのリリースとなる同作から、「流れ星ランデブー」のミュージック・ビデオがYouTubeにて公開されています。

 星野の定期ライヴのタイトルを冠した「流れ星ランデブー」は、先行シングルとしても発売された、はせはじむプロデュースの楽曲。ゴージャスなビッグバンド・ジャズ歌謡アレンジに合わせ、MVは大きなホールでの演奏シーンを中心としたシンプルな仕上がり。尚美学園大学「Libertybell Orchestra」をバックに堂々と歌い上げているほか、赤のドレスが映えるペアダンスにも挑戦しています。

 アルバムにはこの「流れ星ランデブー」をはじめ、作詞・清浦夏実×作曲・沖井礼二のTWEEDEESコンビによるポップ・チューン「鏡の中の私」、かせきさいだぁ(ラップ)とTSUTCHIE(SHAKKAZOMBIE / ビートメイク, ミックス)が参加したメロウ・ヒップホップ・チューン「境界線上の二人」など、豪華ゲストが多数参加した全12曲を収録。

 シングルのリリース・パーティを兼ねて6月11日に東京・青山 月見ル君想フ公演で開催された公演に続き、7月からは〈星野みちるの「星降る街角」ツアー〉を本格的にスタート。西 恵利香を迎えて開催される“番外編”を含め、全国13公演が予定されています。詳細はオフィシャル・サイトにてご確認ください。

最終更新:6/21(水) 18:11
CDジャーナル