ここから本文です

ミラン、ドンナルンマと交渉再開 ペリンらは保留に

6/21(水) 8:03配信

ISM

 ミラン(イタリア)がGKジャンルイージ・ドンナルンマ(18)との契約延長を目指し、交渉を再開したようだ。伊サイト『Calciomercato.com』が現地時間20日(以下現地時間)に伝えている。

 ミランは15日、ドンナルンマが来季までとなっている契約を延長しないことを決断したと発表。代理人のミノ・ライオラ氏は18日、クラブ側から契約について脅迫を受けたことが、今回の決定につながったと明かしており、同選手は移籍金が発生する今夏にも退団するのではないかといわれている。

 しかし、『スカイスポーツ・イタリア』の報道をもとに『Calciomercato.com』が伝えたところによると、ミランはドンナルンマと契約延長の交渉を再開したという。

 簡単な交渉にはならないだろうが、ドンナルンマが熱狂的なミランファンで知られていることもあり、契約延長に漕ぎつける可能性はあると、クラブ側は考えているという。

 ミランは代役候補としてジェノアのマッティア・ペリン、ユヴェントス(以上イタリア)のネトと交渉を行なっていたが、これらを保留に。交渉を中断したこと自体が、ドンナルンマとの契約延長を信じている証だと報じられている。

最終更新:6/21(水) 8:03
ISM

スポーツナビ サッカー情報