ここから本文です

イラクとサウジ、関係改善自賛

6/21(水) 5:48配信

時事通信

 【ジッダ(サウジアラビア)AFP=時事】イラクとサウジアラビアは20日、共同声明を発表し「両国関係は質的に高まった」と自賛した。

 イラクのアバディ首相は19日、2014年の就任以来初めてサウジ入りし、サルマン国王と会談しており、声明は会談を踏まえて出された。

 イラクのフセイン政権が1990年にクウェートに侵攻して以来、両国関係は四半世紀にわたって断交状態が続いた。サウジは昨年、バグダッドの大使館を再開させた。 

最終更新:6/21(水) 5:54
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ