ここから本文です

藤井四段、歴代1位タイなるか 若手実力者ときょう対局

6/21(水) 6:49配信

朝日新聞デジタル

 プロ入りしてから公式戦で一度も負けることなく勝ち続けている将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が21日、大阪市福島区の関西将棋会館で28連勝をかけた対局に臨む。勝てば、神谷広志八段(56)が五段時代の1987年につくった歴代1位の連勝記録に並ぶ。

【写真】店の壁には、藤井四段が書いた詰将棋が飾ってある=名古屋市北区

 藤井四段は昨年12月のデビュー戦からここまで、歴代単独2位となる27連勝の快進撃を続けている。21日は王将戦1次予選4回戦で澤田真吾六段(25)と対戦する。20連勝した今月2日にも戦い、最終盤まで苦戦を強いられた若手実力者と再び相まみえる。

 午前10時に対局開始。持ち時間は各3時間で、夜までに終局の見通し。(深松真司)

朝日新聞社