ここから本文です

ジョニー・デップ、日本のファンに「こんにちは」連発!栗山千明&中川大志と親愛ハグ

6/21(水) 14:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]世界的大ヒットシリーズの最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」を携えて来日中のジョニー・デップ、ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラーリオが6月20日、都内で開催されたジャパンプレミアに日本語吹き替えキャストの栗山千明、中川大志と共に出席した。

イベントの模様はこちら

 巨大な海賊船をかたどったステージでのイベントでは、デップが開口一番「こんにちは!」と日本語で挨拶し「意味は知らないんだけど……」ととぼけながらも、会場の反応に気をよくしたのか、その後もことあるごとに「こんにちは!」を連発。スピーチ途中には、映画の主人公ジャック・スパロウがひょう依したかのような口調で「この映画はインディペンデントの予算のつかない小さな作品で、愛だけで作ったと言える作品。僕らは一銭も受け取っていなくて……」と語り、会場を笑いに包んだ。

 自由な受け答えで会場を魅了したデップだったが、ジャックがなぜこんなにも愛されるのか問われると「僕はいろんな材料を入れてスープを料理するようにこの役を作ったけど、何よりこの役を作ったのは観客の皆さん。僕の仕事は皆さんの望みをかなえただけ」とファンへの感謝を述べる。会場には、ジャックのコスプレをしたファンが多数見られたが、デップは客席を見渡し「僕はこの役を引退して、みんなに任せようかな? 100人くらいのジャック・スパロウで映画を撮ったら面白そうだね。そのときは僕も出してほしいな」とほほ笑んだ。

 吹き替えキャストの栗山、中川とは上海国際映画祭以来の再会だが、栗山が「上海で“日本に来る”とおっしゃってくださり、その約束を守っていただけました」と語ると、すぐに栗山の元に歩み寄り抱擁。中川が「(上海で)初めてお会いして、あふれ出る色気に衝撃を受けました。今日はちょっとでも吸い取って帰れるようにしたい」と語ると、デップは中川の元にも駆け寄りハグと固い握手を交わしていた。

 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」は、海賊船ブラック・パール号の船長であるジャックと、ジャックに恨みを持つ“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)の戦いを描く。7月1日から全国公開。

最終更新:6/21(水) 14:16
映画.com