ここから本文です

【KNOCK OUT】虎vsゴリラ対決を制したT-98「次はサイやゾウを」

6/22(木) 7:10配信

イーファイト

 6月17日(土)東京・TDCホールにて開催された『KNOCK OUT vol.3』で、ISKA世界ライトミドル級王者・廣虎(ワイルドシーサー沖縄)をヒジで切り裂き、2RでTKO勝利した元ラジャダムナンスタジアム認定
スーパーウェルター級王者T-98(たくや/クロスポイント吉祥寺)が試合を振り返った。

【フォト】T-98が廣虎に蹴りを見舞う

“琉球タイガー”廣虎を“ムエタイゴリラ”T-98が迎え撃ち、虎vsゴリラ対決を制したT-98。「欲を言えばパンチで完全に倒したかったけれど、お客さんが盛り上がってくれたので、自己採点は80点かな」と笑顔を見せる。

 さらに「ゴリラ界にも注目されていたと思うので、ゴリラのために勝ててよかったです」とジョークを飛ばす余裕も。

 今後対戦したい相手を聞かれると、「虎を倒すことが出来たので、次はサイやゾウとかを倒したい」と小野寺力KNOCK OUTプロデューサーにアピール。今後は獣のようなスタイルを持つ海外の強豪選手にターゲットを絞って大暴れしたい、と宣言した。

 また、前True4Uフライ級王者・石井一成(東京KBA)と対戦し、1Rでマットに沈めたNJKFフライ級王者・能登龍也 (VALLELY)は、事前に行われていた勝敗予想アンケートで、自分の勝利予想が7%しかなかったことについて苦笑い。

「最初にその結果を見た時は笑うしかなかった。でも相手がそれだけ期待されている選手なので、逆に勝ったら美味しいなと思っていました」と、逆に闘志が高まったという。

 1Rからパンチのラッシュを仕掛けての勝利については、「最初からフックで倒してやろうと思っていたので狙い通りです。KNOCK OUTは本当に素晴らしい舞台なので、ここで自分が一番ということを証明したい。またよろしくお願いします」と、継続参戦を希望した。

 相手はムエタイの本場タイで活躍し、“西の神童”と呼ばれた若手期待のホープ。第2の那須川天心になれるとも目されている逸材だ。そのホープを圧倒して1Rで仕留めたのだから、今後は能登が注目される存在になるだろう。

最終更新:6/22(木) 7:10
イーファイト