ここから本文です

リヴァプール、クラブレコードの54億円でサラー獲得に迫る

6/21(水) 11:54配信

ISM

 リヴァプール(イングランド)がクラブレコードとなる移籍金3900万ポンド(約54億8000万円)で、ローマ(イタリア)FWモハメド・サラー(25)の獲得に迫っていることが分かった。英『BBC』が現地時間20日に報じている。

 『BBC』によると、交渉は進行中で、サラーはリヴァプールと4年契約を結ぶ見通し。サラーは今季、リーグ戦31試合に出場し15ゴールをマーク。ローマの2位フィニッシュとチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。

 3900万ポンドの移籍金は、実現すれば2011年にFWアンディ・キャロルを獲得した際の3500万ポンドを上回り、リヴァプールのクラブレコードとなる。また、アフリカ人選手の移籍金としても最高額になる。

 サラーはバーゼル(スイス)所属時の2014年にもリヴァプール加入に迫ったが、このときは最終的に1100万ポンドでチェルシー(イングランド)へ移籍。しかし、同チームではプレミアリーグ6試合の先発出場とポジションを掴めず、フィオレンティーナ(イタリア)へのレンタルを経て、1500万ポンドでローマに移籍していた。

 なお、リヴァプールは今夏すでにチェルシーからU-20イングランド代表FWドミニク・ソランケ(19)を獲得している。

最終更新:6/21(水) 11:54
ISM