ここから本文です

共栄エンジニアリングから「cear」ブランド第2弾のバーチャルサラウンド・スピーカー発売

6/21(水) 18:11配信

CDジャーナル

 共栄エンジニアリング株式会社が、音響ブランド「cear」より、昨年マーケットプレイス / クラウドファンディング・サービス「machi-ya」にて支援を受け製品化し、大きな反響を呼んだキューブスタイル・スピーカー「pavé(パヴェ)」(17,800円 + 税)を発売中。

 cear Products第2弾となる「pavé」は、独自の音声信号処理技術「cear Field」を製品として初めて搭載し、広がりのある音声空間を再現するバーチャルサラウンド・スピーカー。音声が耳に到達するまでの数理モデルである“頭部伝達関数(HRTF)”を基礎技術として、スピーカーを左右対向に配置することで優れたクロストークの低減と筐体の不要振動を打ち消すことに成功し、クリアなサウンドを実現。また、「cear Field」によって音楽や映画に圧倒的な臨場感と立体感を与えます。高さ・横幅は約88mm、重さは290gと置き場所やシーンを選ばないコンパクト仕様。スマートフォンやタブレットとのワイヤレス接続が可能となるBluetooth機能も搭載しています。

  なお、「pavé」は6月28日(水)より東京・有明 東京ビックサイトで開催される専門見本市〈コンテンツ東京2017〉内の第3回〈先端コンテンツ テクノロジー展〉に出展されます。同展のオフィシャル・サイトより、イベント無料招待券の申し込みが可能です。

最終更新:6/21(水) 18:11
CDジャーナル