ここから本文です

ザンパリーニ氏退任のパレルモ、アメリカ人実業家がオーナーに

6/21(水) 14:45配信

ISM

 パレルモ(イタリア)は現地時間20日(以下現地時間)、今月中にポール・バッカリーニ氏がマウリツィオ・ザンパリーニ氏に代わる新オーナーになると発表した。

 クラブによると、バッカリーニ氏は20日にザンパリーニ氏と会談。デューディリジェンスの結果が良かったことで取引がまとまり、今月中に正式にオーナー交代が実現すると明らかにした。

 アメリカ出身のバッカリーニ氏は、バスケットボール選手としてイタリアに渡り、その後テレビ番組でタレントをしていたことでも知られる。

 2002年にパレルモを買収したザンパリーニ氏は、15年間で40回の監督交代を行なってきた。チームは今季のセリエAで19位に終わり、来季はセリエBを戦う。(STATS-AP)

最終更新:6/21(水) 14:46
ISM