ここから本文です

【アウディ RS3スポーツバック】最高出力400psのホットハッチ、日本導入…767万円

6/21(水) 14:45配信

レスポンス

アウディ ジャパンは、A3シリーズのトップモデル『RS3スポーツバック』をフルモデルチェンジ、6月21日より受注を開始した。発売は11月の予定。

[関連写真]

RS3スポーツバックは、市販モデル搭載の5気筒エンジンとしては世界でもっともパワフルな新開発2.5リットル直列5気筒TFSIエンジンを搭載。先代モデルより33psアップとなる最高出力400ps、最大トルク480Nmを発揮する。また、アルミ合金製のクランクケースを採用することで、従来比26kgの軽量化を実現。7速Sトロニックトランスミッションとクワトロフルタイム4WDシステムを組み合わせ、0-100km/h加速4.1秒という圧倒的な動力性能を達成している。またホイールセレクティブトルクコントロールなどにより旋回能力を向上させ、ハンドリングも安定化。一方で環境性能も高め、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)で12.0km/リットルという低燃費を実現している。

エクステリアは、ハニカムメッシュの専用シングルフレームグリル、大型エアインレットを備え、通常のA3スポーツバックと差別化。標準モデル比でフロントトレッドは20mm、リヤトレッドは14mm広くなり、張り出したホイールアーチと25mm低められた車高で、よりワイド&ローな迫力あるスタイルとしている。

インテリアでは、ブラックのナッパレザーを採用したスポーツシートを標準装備。インフォテイメントシステムはMMIナビゲーション、バング&オルフセンサウンドシステムを備えるほか、メーターパネル内の12.3インチTFTディスプレイにスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめとする様々な情報を表示できる専用のRS-view機能付きバーチャル コックピットを標準装備する。

安全技術では、眩しさを感じさせないハイビームモードを持つマトリクスLEDヘッドライトやアウディプレセンス、アクティブレーンアシスト、サイドアシスト、トラフィックジャムアシスト、リヤクロストラフィックアシストなど、最新アシスタンスシステムをフルレンジで標準搭載する。

価格は767万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/21(水) 14:45
レスポンス