ここから本文です

トヨタ、フィンランド新興企業に出資…次世代モビリティへの取り組み加速

6/21(水) 15:51配信

レスポンス

フィンランドの新興企業、MaaS Global社は6月20日、トヨタファイナンシャルサービスら2社から、戦略的な出資を受けると発表した。

MaaS Global社は2015年4月、フィンランドのヘルシンキに設立されたスタートアップ企業。2016年10月から、ヘルシンキで試験的にマルチモーダルサービス提供している。将来は、世界の主要都市への拡大展開を計画する。

マルチモーダルサービスとは、新しいスマホアプリを通じて、タクシーやレンタカーなどの車両や電車およびバスなど公共交通機関、その他の移動手段を組み合わせ、予約や決済機能を含めて効率的な移動を提供するサービスを指す。

トヨタファイナンシャルサービスの同社への出資の狙いは、次世代モビリティ事業への取り組みを加速させること。コネクテッドカーや自動運転技術、電動化、カーシェアリングの導入などによる消費行動の変化に対応し、より付加価値の高いサービス提供を目指す。

MaaS Global社のSampo Hietanen CEOは、「世界で最も有名なブランドの1つと協力することは、非常にうれしいニュース。トヨタのグローバルネットワーク、高品質な研究開発と顧客志向の文化は、MaaS Global社が成長するにつれて、強みを発揮するだろう」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/21(水) 15:51
レスポンス