ここから本文です

カミナリまなぶに試練「たくみとならできる」朝から晩までポケモン漬け

6/21(水) 13:25配信

お笑いナタリー

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の公開に先駆けて、7月13日(木)にテレビ東京系列で特番が放送される。番組内でカミナリがとある試練に挑んだ。

【写真】メモを取りながらこれまでの「ポケットモンスター」劇場版を鑑賞するカミナリ。(他3枚)

この特番では、試練を与えられた芸人たちが「ポケモン」のサトシとピカチュウのように信頼できる相棒と奮闘。カミナリまなぶは「24時間でポケモン映画全作を鑑賞し、ポケモンクイズに全問正解してみせよ」と告げられ、一番の理解者である相方・たくみをパートナーに迎え“試練の部屋”に入っていく。

カミナリは試練の部屋にこもって朝から晩までポケモン映画を観続け、クイズとして出題されそうなポイントをメモ。途中、ゲストとして劇場版最新作で声優を務めている本郷奏多、中川翔子が応援に駆けつける場面も。映画を鑑賞し終えたまなぶは「ものすごく楽しい作品を観てたのにバカみたいに疲れてる。この状態を表す言葉が辞書にまだない。新しい言葉が生まれそうです」と複雑な疲労感を吐露。苦労した分「たくみくんとなら全問正解できると思います」と自信も手に入れ、もしチャレンジ失敗したら一緒に過ごす時間を増やしてよりコンビ間の理解を深めるため「たくみくんの家に一緒に住みます。養子に入ります」と宣言する。

さらにポケモン映画に込められた普遍的なメッセージに気づいたというまなぶ。「ミュウツーの逆襲」では「自分は何なんだ?」と考えさせられ、「最近、叩かれすぎて自分はサンドバッグだと思っていたけど『僕はサンドバッグじゃない、僕はボケだ!』って気づきました」と冗談混じりに語った。たくみは「絆、友情、仲間が大事だっていうことを改めて感じました」と述べ、コンビ間の信頼にまつわるエピソードを紹介。ある番組の収録で予定になかった地元の友人のモノマネを即興で披露した際、「キムラくん」という一言だけで意思疎通でき爆笑をさらったという。まなぶも「僕、月1回くらいしかハット被らないんですけど、そのハット被った日にたくみもハット被ってきました」と通じ合っていることをアピールしてみせた。

さまざまな苦難を乗り越えながら19作すべてをチェックした2人。果たしてクイズに正解し、コンビの絆を証明できるか。

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」公開直前特番
テレビ東京系 2017年7月13日(木)17:55~19:25

最終更新:6/21(水) 13:25
お笑いナタリー