ここから本文です

【ホンダコレクションホール 歴代カブ試乗】ムンムンと漂う60’sホンダレーシング魂…スポーツカブC110

6/21(水) 19:45配信

レスポンス

ホンダ50ccスポーツはここから始まったのだ。1960年製の50ccと聞いて、ノンビリしたものだろうと思っていたが、ナメちゃ困ると言わんばかりにエンジンは元気よく回るし、走りは軽快そのもの。ハンドリングはその名のとおりスポーツバイクそのものといった印象だ。

[関連写真]

そりゃそうだ、カブといっても同じ頃に売られていた『スーパーカブ C100』(1958年~)とはまったく違う専用設計の鋼板バックボーン型のフレームを採用し、OHV単気筒エンジンにも手動操作の湿式単板式クラッチが組み込まれる。

吸入ダクトも長く、3段変速のトランスミッションが組み込まれ、最高出力5.0PS/9500rpm、最大トルク0.39kg-m-m/8000rpmを発揮。

最高速度は85km/hをマークしたというが、もちろんそんなには速度を出していない。コンディションは絶好調といった感じで、整備にあたったホンダコレクションホール(ツインリンクもてぎ内)のメカニックらには頭が下がる思いしかない。

この『スポーツカブ C110』は61年4月に燃料タンクがメッキ仕様となり、DOHC4バルブの『カブレーシング CR110』が発売された62年には、ロータリー変速の4段式になっている。

アップタイプのマフラーがセットされ、スタイルもカッコイイ。60年代ホンダレーシングスピリットをしっかり感じることができた!


協力:ホンダ(試乗)

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のバイクカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説。現在、多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク関連著書もある。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:6/27(火) 10:27
レスポンス