ここから本文です

ゼロワン参戦のIGF奥田&中井が救世主宣言「加齢臭消してやる」

6/21(水) 18:50配信

東スポWeb

 IGF「NEW」の若手コンビ、奥田啓介(26)と中井光義(28)が21日、あろうことか参戦するゼロワンをこき下ろした。

 奥田と中井は5月21日のゼロワン後楽園大会に乱入し、参戦を宣言。22日の後楽園大会で奥田は高岩竜一と、中井はクリス・オンドーフと対戦することになった。殴り込みの理由を問うと奥田は「あんな老人ばっかりのプロレス見てても客は飽きちゃうし。それならオレたちのケンカ見た方が面白いだろ? オレたちが面白くしてやるんだよ」と自分が救世主であるかのように回答。一方の中井は「ゼロワンは加齢臭がする。加齢臭でくせえんだよ。それを消してやるって言ってんの」と自分が消臭剤であるかのように回答した。

 さらに2人は中井が対戦するオンドーフについても「大体誰なんだよ。ユドーフだかオンドーフだかなんだか知らねーけど」(奥田)、「ユドーフ、ドンって潰してやる。ユドーフ、ドン!」(中井)と自分たちの知名度を棚に上げて言いたい放題。揚げ句「ベルトもしょーもないやつらが持ってるんだろ? 別に欲しくないけど、挑戦してほしいっていうならしてやってもいいよ。“挑戦してください”ってお願いされたらしてやる」と、なぜ参戦が認められたのか疑問が湧くほどの暴言でベルトにまで色気を見せた。

 ホームリングのNEWでは村上会に好き放題されているだけに「最近、ストレスがたまってるから。ゼロワンでストレス解消する」と不敵に言い放った奥田。ぶしつけな2人には、天罰が下ることを祈るばかりだ。

最終更新:6/21(水) 18:55
東スポWeb