ここから本文です

ホッケー男子日本代表 一度解任されたオランダ人監督が異例の復帰

6/21(水) 19:46配信

東スポWeb

 2020年東京五輪に向け、新たに就任したホッケー男女日本代表新監督の記者会見が21日、都内で行われた。男子はオランダ人のシギ・アイクマン氏(58)、女子はオーストラリア人のアンソニー・ファリー氏(43)が就任する。

 アイクマン氏は09~11年に一度男子監督に就任し、途中解任された経験がある。「戻ってこれてうれしい。私は全てが可能だという強い信念がある」と力を込めた。

 一度解任された監督の再登板はなかなかないが「当時の執行部の考えで解任という形になってしまったが、当時から評価は高かった。日本をよく知っているし、即戦力だと思っている」(日本ホッケー協会・寺本祐治専務理)と説明した。

 東京五輪では開催国枠があり、男子は1968年メキシコ大会以来の五輪出場となる。自身の強化方針を熱弁したアイクマン氏は「五輪を迎える段階で世界ランク10位以内にいたい」と意欲を燃やした。

最終更新:6/21(水) 19:46
東スポWeb