ここから本文です

品川「あー嫌なおじさんだなあと思って観て」、映画「身体を売ったらサヨウナラ」

6/21(水) 14:25配信

お笑いナタリー

品川庄司・品川が7月1日(土)より東京・新宿K's cinemaにて2週間限定上映される映画「身体を売ったらサヨウナラ」に出演している。

【写真】映画「身体を売ったらサヨウナラ」より。(他2枚)

本作は鈴木涼美の著書「身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論」(幻冬舎)をもとに、大手新聞社に勤めながらホストクラブ通いに明け暮れる主人公・鈴木リョウコの日々を現役AV女優や男優、AV監督、スカウトマンたちのインタビュー映像も交えて描くもの。「下衆の愛」「獣道」の内田英治が監督を務めた。

品川は柴田千紘演じるリョウコが所属している東京大学大学院のゼミ教授役。高圧的な人物で、リョウコの論文に厳しく指摘を入れる。品川は「頭を白髪にして、すげえ、おじさんの役として出演しました。まあ45歳なので普通におじさんではあるのですが、そうやって見た目から作り込んでやらせていただいたので、『あー嫌なおじさんだなあ』と思って観ていただけたらうれしいです」と役柄についてコメント。“嫌なおじさん”っぷりをスクリーンで確かめよう。

(c)2017 東映ビデオ/エクセレントフィルムズ

最終更新:6/21(水) 14:25
お笑いナタリー