ここから本文です

釣りアイドル「つりビット」ツアー最終日へ意気込み

6/21(水) 20:22配信

東スポWeb

 魚釣りをする女性5人組アイドルグループ「つりビット」が当サイトの取材に応じ、ワンマンライブツアー「~Blue Ocean Fishing Tour 2017~」最終公演(25日、東京・新宿区のReNY)への意気込みを語った。

 つりビットは2013年5月にデビューして、今年で5年目を迎えた。“歌って踊って、魚を釣る”ユニークなアイドルとして情報番組や週刊誌で取り上げられてきた。

 今回のライブツアーでは東京、大阪、愛知など全国7か所を回った。そのファイナルが新宿公演。リーダーの長谷川瑞(はせがわみずき=19、釣りたい魚はマダイ)は「デビュー当初は課せられたものをただやりこなしていた私たちが、今は自分たちの意見をしっかり言えるようになり、セットリストやMCでやりたいことの意見を出し合えるようになりました」と成長を報告。

 グループ随一の人気がある安藤咲桜(あんどうさくら=16、釣りたい魚はカジキマグロ)は「つりビットの集大成、ぜひ遊びに来てください! 皆さんのことを釣り上げちゃいますので『釣った魚にエサをやれ!』コールをよろしくお願いします!」と呼びかけた。

 安藤は、先月発売の漫画誌「週刊ヤングジャンプ」で巻末グラビアに登場。幼いルックスに“不釣り合い”なグラマラスボディーで支持されており、ポスト篠崎愛(25)の呼び声も高い。

 同グループのファンは、俳優・山田孝之(33)やニュースキャスターでモデルの市川紗椰(30)らが知られる。特に山田は、つりビットが2月に東京・赤坂ブリッツで開催したワンマンライブに観客として訪れ、メンバーとの写真を自身のインスタグラムにアップして、ネット上で“山田が釣られた”と話題になった。

最終更新:6/21(水) 22:40
東スポWeb