ここから本文です

安藤優子、坂上忍がひふみん引退に感嘆「一つの時代に幕が下りた」

6/21(水) 14:36配信

デイリースポーツ

 21日のフジテレビ系「バイキング」と「直撃LIVEグッディ!」のリレータイムで、俳優・坂上忍(50)とキャスターの安藤優子(58)が、将棋の現役最高齢、「ひふみん」こと加藤一二三九段(77)の引退を惜しんだ。

【写真】加藤一二三九段。現役最後となった対局後、感想戦行わず足早に帰宅

 加藤九段は20日の第30期竜王戦6組昇級者決定戦で敗れ、引退が決定。投了すると制止を振り切り、あらかじめ呼んであったタクシーで帰路につき、感想戦を放棄するという異例の事態になった。

 安藤は「世代交代ということになっていくんでしょうか。昨日、一つの時代にホントに幕が下りたなあという感じ、坂上さんもしたんじゃないでしょうか?」と、感に堪えないといった口調。

 負けを悟ったのか、対局中に帰る準備を済ませていた加藤九段の用意周到さに、安藤は「練りに練って一人で去って行きたかったっていう加藤九段の気持ちが伝わってきますよね」「変に悟りを開いちゃってるんじゃなくて、最後の最後までチャーミングな闘志っていうんですか、むき出しな感じが。一人でタクシーに乗られて真っすぐ前を見つめてらっしゃった、あの横顔が何とも言えませんでした」と、勝負師の心情を見ていた。

 同局系「アウト×デラックス」で共演してきた坂上も「僕は、あのお年になって、ちゃんと、負けず嫌いって言うんですかねえ、悔しさって言うんですかねえ、そういうのをお持ちになっているっていうのがなんか素敵だなって思いましたね」と、加藤九段の勝負師ぶりに感嘆していた。