ここから本文です

【宝塚記念】シュヴァルグラン 食らいついて併入「天皇賞・春の疲れが残っていた昨年とは違う」

6/21(水) 21:20配信

東スポWeb

【宝塚記念(日曜=25日、阪神芝内2200メートル)注目馬21日最終追い切り:栗東】シュヴァルグラン(写真手前)は坂路で併せ馬。2馬身ほど僚馬を追いかける形からコーナーを回って馬体を並べ、ゴール前は鞍上に一杯にしごかれた。相手のほうが手応えは良かったが、何とか食らいついて併入ゴール。

 時計(4ハロン56・2―13・4秒)、見た目の印象ともに地味だが、攻め駆けしないことに加えて、雨の中で開門から1時間半以上たった馬場を考えれば許容範囲。主戦の福永が「この馬は順調にしっかり追い切っていることが大事」という一番のポイントはしっかりと守れている。

 友道調教師「今朝は坂路でしまいを伸ばした。朝からの雨でいつも以上に時計はかかったけど、しっかり動けていた。腰回りがしっかりしてゲートもうまく出られるようになってきた。天皇賞・春(3着)の疲れが残っていた昨年(9着)とは状態も違う」

最終更新:6/21(水) 21:20
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ