ここから本文です

森且行が独立、残留のSMAPメンバーにエール「もっとデカくなる可能性」

6/21(水) 15:05配信

デイリースポーツ

 人気オートレーサーの森且行(43)が21日、ボートレース「グランドチャンピオン・SG」開催中のボートレース鳴門でトークショーを行い、元SMAPの仲間である稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)が9月にジャニーズ事務所から独立することについて、「一人一人が個々に頑張っていけば、もしかしたらもっともっとデカくなる可能性がある」と力強くエールを送った。

【写真】森且行が仲が良かった頃の素顔明かす「お尻出して写真…あれが6人最後のSMAP」

 結成当初からSMAPのメンバーだった森は1996年5月末をもって脱退。夢だったオートレーサーに転身した。

 稲垣ら3人が9月8日をもってジャニーズとの契約が終了して独立し、木村拓哉(44)、中居正広(44)の2人が残留することが19日に発表されたばかり。この日、司会者から最近のメンバーについて問われると、森は「一人一人が個々に頑張っていけば、もしかしたらもっともっとデカくなる可能性がある」と笑顔でエールを送り、集まった多くの女性ファンから歓声と拍手が起こった。

 さらに「一番好きな歌は?」と聞かれると、森は「笑顔のゲンキ」と答え、「元気があれば何でもできますから。僕もSGタイトルを獲れるように一生懸命頑張りたい」と話した。

 この日は人気女子オートレーサーの佐藤摩弥(25)と一緒にトークショーを行った。

 SMAPは昨年いっぱいで解散。大みそかの夜には、木村を除く中居ら4人が都内の高級焼き肉店で催した打ち上げに、元メンバーの森も参加したことが、大きな話題となった。