ここから本文です

少数民族追うヨシダナギさん、西武渋谷店で写真展 ニジェール「ボロロ族」など /東京

6/21(水) 22:44配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 西武渋谷店(渋谷区宇田川町)B館8階美術画廊などで現在、写真家ヨシダナギさんの写真展「HEROES」が開催されている。(シブヤ経済新聞)

新作となるニジェールの「ボロロ族」

 1986(昭和61)年生まれのヨシダさんは独学で写真を学び、2009年にアフリカに渡って以降、少数民族や裸族の写真を撮影。今年の「講談社出版文化賞」で写真賞を受賞している。撮影時には、自ら現地の民族と同じ格好をして親交を深めるスタイルが特徴。

 46点を展示する同展では、ヨシダさんがライフワークとして何度も足を運んでいるエチオピアで撮影しているという「スリ族」をはじめ、牛脂で白くしたアフロヘアが特徴的な同じくエチオピアの「アファール族」、昆虫の頭で作った帽子をかぶるポリネシア諸島パプアニューギニアの「カラム族」などを紹介する。

 新作となるニジェールの「ボロロ族」は、年に一度開催される「ゲレウォール」と呼ばれる、いわゆる美男子コンテストで評価ポイントとなる「白目」と「白い歯」をアピールしている表情もとらえている。場内には、フラワーアーティスト山口祥次郎さんがニジェールの大地をイメージして草花を装飾したフォトスポットも用意する。

 写真はボロロ族の作品を除き販売(5万4,000円~48万6,000円)するほか、場内ではポストカードセット(864円または1,080円)やiPhoneケース(2,700円または2,916円)などのグッズも用意する。

 6月25日(17時30分ごろ)にはヨシダさんが来場する予定。開催時間は10時~21時(日曜・祝日は20時まで)。入場無料。6月26日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク