ここから本文です

富山の動物園でニホンライチョウのヒナが誕生 絶滅が危惧される国の天然記念物

6/21(水) 19:24配信

ねとらぼ

 国の天然記念物・ニホンライチョウのヒナ2羽が6月17日に富山市ファミリーパーク(富山県)で生まれました。

【画像】ポヤポヤのニホンライチョウのヒナ

 日本産のライチョウは環境省のレッドリストに載る絶滅危惧種。同園は2015年~2016年まで乗鞍岳で採取した卵から生まれたヒナを育ててきましたが、今回初めて飼育しているライチョウをつがいにし、その卵からヒナが誕生しました。

 2羽のヒナの体重は15.6グラムと17.1グラム。くちばしの先からお尻までは約6.5センチで、小さいながらも元気にしているとのこと。同園は「注意深く観察し、大切に育てていきたい」としています。

最終更新:6/21(水) 19:24
ねとらぼ