ここから本文です

藤井四段、師匠との絆 会見で見つめ合い沈黙…オリジナルグッズは師匠が愛用

6/21(水) 19:04配信

デイリースポーツ

 デビュー以来連勝を続ける中学3年生の最年少棋士、藤井聡太四段(14)が21日、大阪市・関西将棋会館での王将戦一次予選で澤田真吾六段(25)と対局し、歴代1位タイの28連勝を果たした。

【写真】女性メダリストとイケメン俳優が見つめ合い

 午前10時から始まった対局は午後4時47分に決着。藤井四段が99手で制した。対局を終えると、師匠の杉本昌隆七段(48)とともに会見。笑顔で握手する2人は、これまでの師弟関係で結ばれた強い絆を垣間見せた。

 藤井四段は「師匠には技術的なものだけでなく、将棋や対局に臨むことについて、たくさんのことを教えていただいた」と感謝。杉本七段とのエピソードについて聞かれると、たくさんの思い出を整理できない様子で、考え込みながら杉本七段を見つめた。

 目が合った2人はそろってテレ笑い。30秒ほど沈黙が続くと、杉本七段がマイクを受け取り「振り返ると記憶にないというか、あまり意識がないが、1人の少年と先輩という感じ。一緒に勉強というのも変だが、強くなりたいという面で付き合っている。これもこれからも変わらない。私もこれといって思い浮かばない」と助け船を出す形で答えた。

 まな弟子の快挙に杉本七段は「強すぎるなと思いました。すごい記録を成し遂げてくれた」と目を細めた。

 人気のオリジナル扇子とクリアファイルについては、藤井四段自身が「私自身が自分のものを使うのは恥ずかしい」という理由で使っていないそうだが、杉本七段は愛用しているという。「扇子は私も手に入らず、藤井四段のお母さんに頼んで1本手に入れた。クリアファイルも使っている」と得意げに話していた。