ここから本文です

浅野忠信は「動物的で敏感な名優」、新作でタッグ組んだ三島有紀子がコメント

6/21(水) 19:38配信

映画ナタリー

8月26日に公開を控える「幼な子われらに生まれ」の監督・三島有紀子とキャストの浅野忠信より、コメントが到着した。

【写真】クランクアップ時の三島有紀子とキャストたち。(他17枚)

本作は、浅野演じるバツイチ子持ちで再婚した44歳のサラリーマン・田中信が、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれる命を巡って成長していく姿を描いた人間ドラマ。田中麗奈、宮藤官九郎、寺島しのぶらがキャストに名を連ねる。

三島は「すごく動物的な役者で、360度アンテナを張っているような敏感な“名優”」と浅野を評し、「信はずっと不安定な感情を引きずっていて、楽しいシーンがほとんどないので非常につらかったと思う。浅野さんも撮影中、ずっとその気持ちを抱えてくれていた」と現場での彼の様子に言及する。現場では浅野に対し細かく演出することはなかったものの、一度だけ手紙を渡したそうで「(浅野が)いろんなことにいらだったり、困惑しているのを承知しつつも、その溜まった感情を演技でぶつけてほしいと思った」と当時を振り返った。

また、浅野は「今までは、みんなを振り回して好きに生きているような男だったり、その場にいて周りをかき乱す役が多かったが、今回の役は今までやったことのない役だった」と自身が演じたキャラクターを説明。クランクアップ時には「(自分は)本当に真剣に映画を作りたいし、この役のことをとてもかわいがってやってきた」と涙ながらに語る一幕もあったという。



(c)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

最終更新:6/21(水) 19:38
映画ナタリー