ここから本文です

小池都知事の初写真集が部門1位 アイドルら抑える

6/22(木) 4:00配信

オリコン

 小池百合子東京都知事の初の写真集『小池百合子写真集YURiKO KOiKE1992-2017』(6月14日発売)が、週間3082部を売り上げ、最新6/26付オリコン週間“本”ランキングの写真集部門で1位を獲得した。今作の著者はフォトジャーナリストの鴨志田孝一氏で、小池都知事には一切、印税は入らないという。

【写真集カット】カラオケで熱唱する小池百合子氏

 今週付の同部門2位『芳根京子ファースト写真集ネコソガレ』(太田出版)、3位『白石麻衣写真集パスポート』(講談社)など、タレントやアイドル、またアスリートなどが上位を獲得する同部門。特に昨年から今年の上半期にかけては、乃木坂46メンバーのソロ写真集による1位獲得が続いていたが、政治家の写真集による首位獲得は例がなく、2008年の当ランキング発表開始以来初となった。

 米誌『TIME』の特集「世界で最も影響力のある100人」で、小池都知事が日本人として唯一選出されたことにより企画された今作。1992年の議員当選から「東京都知事」就任後まで約25年間にわたる政治家としての姿のほか、秘蔵写真の炊事姿や病床でのノーメイク姿、多くの私服姿、世界のセレブとの交友録写真、さらに今作のために都内自宅で撮り下ろされた愛犬とのショットなど、プライベート中心に130枚が収められており、小池都知事の素顔や世の女性たちと同じ生活ぶりが初めてうかがい知れる内容となっている。

 なお、出版担当者によると「初版1万5千部となった今作の購買層は、20~70代までの幅広い女性の方々に支持され、全国で完売店が相次いでいる状況」。緊急増刷も検討されている。

最終更新:6/22(木) 4:00
オリコン