ここから本文です

アミューズがスポーツビジネスに本格参入 エージェント業務や引退後の活動もサポート

6/21(水) 23:23配信

オリコン

 大手芸能プロダクションのアミューズが、スポーツビジネス市場へ本格参入を開始し、第一弾としてプロバレーボーラーの柳田将洋選手(24)らと契約したことを21日、発表した。柳田選手はこの日、ドイツ・TV Ingersoll Bühlとのプロ契約も締結した。

竹下佳江氏のプロフィール

 今回の参入にあたり、従来の芸能活動のみをサポートするマネージメントスタイルではなく、アスリートのエージェント業務までを担当し、世界で活躍する機会の提供や、現役引退後もベストパフォーマンスを発揮できるサポートを実施し、アスリートにとって最良となる次世代サービスの創出を目指す。

 新設したスポーツビジネスプロジェクトのエグゼクティブプロデューサーとして、元海外プロアイスホッケー選手の坂田淳二氏が就任。経験とデータを元とした、アスリートの本業であるパフォーマンスのコーチングとメンタリング、自ら構築したキャリア戦略構築ノウハウを生かし、アスリートのトータルプロデュース事業を構築していく。

 契約アスリートは柳田選手のほか、陸上の長距離とマラソンの大迫傑選手(26)、女子バレーボール元日本代表でヴィクトリーナ姫路監督の竹下佳江氏(39)の計3名。アメリカで活動する大迫選手には競技専念のための環境支援、プロランナーとしての地位向上、ランニングを通じたグローバル教育支援などを実施。竹下氏はママアスリートに向けた情報発信、競技と妊娠・出産・育児などのライフイベントとの両立に向けた仕組みづくりや、また現在課題とされている女性指導者増加に向けての環境支援を行っていく。

各契約アスリートのコメント
◆柳田将洋選手
この度、ドイツ・TV Ingersoll Bühlとプロ契約を締結致しました。
ここに至るまでにご尽力してくださったたくさんの方々に心から感謝致します。
海外でプレーするのは、代表以外では初めてで、最初は言葉や文化の壁を感じると思いますが、そういったところも含め成長していきたいと思います。また、プレーでも今持っている自分のスタイルを常に発揮し、スキルのレベルアップやバレーボールそのものの視野を広げていきたいと思います。
そして今後は、未来を担う子供たちにスポーツへの夢や希望を与えられるよう、次世代育成へ貢献・競技の普及に尽力していきたいと思います。
今後とも応援よろしくお願い致します。

◆大迫傑選手
日本を離れ3年が経ちました。チームや家族、周りの皆さんの支えで競技に集中できている事を感謝しています。プロランナーとして活動する中で、海外挑戦で得た経験を発信していく立場にある事を意識し始めました。
特に子供達に未来のアスリートとしての可能性を広げられるよう、「エリートランナー発掘・育成プロジェクト」に力を注いでいきたいと思っています。また、自身もより厳しい世界に身を置き、チャレンジし続けて参ります。
引き続き、応援のほどよろしくお願い致します。

◆竹下佳江氏
次世代の女性アスリートに向けて私自身が手本と思ってもらえるような存在でありたいと思っています。特にバレーボールを通して得た世界、セッターというポジションで培ってきたものを生かして、引退後も競技普及の活動ができるようなサポート体制もビジネスモデルとして確立していきたいと考えています。
引き続きよろしくお願い致します。

最終更新:6/21(水) 23:23
オリコン