ここから本文です

コリィ・テイラー、チャド・クルーガーの発言に反撃

6/21(水) 13:51配信

BARKS

スリップノット/ストーン・サワーのコリィ・テイラーが、ニッケルバックのチャド・クルーガーから批判されたことに対し言い返した。

◆ストーン・サワー画像、動画

クルーガーは、ストーン・サワーに関して「彼らはニッケルバックになろうとしている。コリィ・テイラーは以前、メディアで僕に対してすごく意地の悪いことを言った。彼は、ヒット・ソングを作るのは簡単だって言ってた。ああ、だったら見せてくれ。作ってみろ。僕はまだ聴いてない。彼らはオーケーだよ。でも、ニッケルバックほどは良くない。彼らはニッケルバック・ライトみたいだ」と、スリップノットに関して「彼らはマスクをつけ、飛びまわらなければならなかった。ステージでお互いをぶちのめし、毎晩、マスクつけたままやってて、どうやったらいい音楽になるんだ? 音楽に小道具はいらない。音楽は音楽であるべきだ」などと話していた。

米アリゾナのラジオ局98KUPDのインタビューで、この発言に対して問われたテイラーは、こう答えた。「どう対応しようか考えてたんだ。だって、こいつは本当におかしいからな。彼はちょっと酔っぱらい、ストーン・サワーを叩いたようだな。ストーン・サワーだけじゃなく、スリップノットまでも」

「俺は、ヒット・ソングを作るのは簡単だなんて言ったことない。彼がどの惑星に暮らしているのか知らないけどさ…。クルーガー星だろうよ。そこには、いいマリファナがいっぱいあるんだろう。あいつはアホだからな」

「俺はこう言いたいね。お前は好きなこと言ってればいい。ただ、俺はマスクつけていて、ロック界で最もセクシーな男に選ばれてるんだよ。お前は、ロック界で最もブサイクな男に2度も選ばれている。唯一な。クソくらえ」

ただし、テイラーはチャドの兄マイクも含め、チャド以外のニッケルバックのメンバーとは仲がいいそうだ。「俺はあのバンドの連中を愛している。マイクのことも、他のみんなのことも愛している。クールな関係だ。俺は彼らとつるんできた。“足の裏みたいな顔”した奴とは無理だがな。あいつ、足みたいな顔してるだろ、俺、間違ってるか?」

「ニッケルバックに対して言うことはない。彼らの誰とももめてないからな。あいつなんだよ。お前は、ハロー・キティのマクラ抱きながらベッドで丸くなってりゃいいんだよ、黙ってろ」

また、同席していたストーン・サワーのギタリスト、ジョシュ・ランドは、ストーン・サワーはニッケルバックからツアーのオープニング・アクトを依頼されたが、断ったと明かした。

Ako Suzuki

最終更新:6/21(水) 13:51
BARKS