ここから本文です

上戸彩、総額2億円超のスネークジュエリーに「本物のヘビがいるよう」【動画付き】

6/21(水) 12:21配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 女優・上戸彩が21日、東京・伊勢丹新宿本館でフランスの高級ジュエラー『ブシュロン』セルパンボエムの新作コレクションの記者発表会に参加。総額2億円を超えるジュエリーを身にまとい、幸せそうな笑顔を見せた。

 仏・パリの5大宝飾店に名を連ねる『ブシュロン』のアイコンコレクションであるセルパンボエムはスネークをモチーフにしている。この日、上戸はダイヤモンド、オパール、ロッククリスタルなどが散りばめられ、ヘビの頭上には5カラットのダイヤモンドがセットされた1億5811万2000円の「セルパン オパレサン」ネックレスと、全身をダイヤモンドに覆われたヘビが巻きつく3466万8000円の「パイソン」ブレスレットをつけて登場。指輪やピアスを合わせると総額2億円を超えるゴージャスな出で立ちに「恐ろしいですね~。身につけるだけソワソワしてしまう」と笑顔だった。

 つけ心地はバツグンだという。「つけ心地がなめらかとお聞きしていた。ジュエリーのつけ心地がなめらかって、どういうことだろうを思っていたんですけど、でつけさせていただいたときに、その意味がすごく分かりました。本物のヘビがいるよう。ホントにスネークちゃんがかわいい。ペットのよう」と笑顔だった。映画『昼顔』で行った上海国際映画祭でも同ブランドのジュエリーを着用したそうで「『ブシュロン』さんのような素晴らしいアクセサリーをつけさせていただくとワンランク上に行けたような気持ちになる。ジュエリーに背中を押されている感覚」と精神面での“つけ心地”も語っていた。

 同ブランドは『Seeking elements of life~煌めきの探求、新しい私に出会う旅~』と題したキャンペーンを伊勢丹新宿本館で、きょう21日から27日まで開催する。伊勢丹は「娘の散歩ルートなので、ホントによく来ます」と明かした上戸は、キャンペーンが行われている会場の前を指差しながら「ここをいつも通る。この『ブシュロン』さんのキャンペーン中は、ちょっとやめとこうかな。どすっぴんで歩いているので」と苦笑いで語っていた。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:6/21(水) 12:21
オリコン