ここから本文です

オールブラックス戦を前に上昇ムード! B&Iライオンズがチーフスに快勝

6/21(水) 1:35配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 赤いジャージーのドリームチームが調子を上げてきた。
 イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの一流選手が集まって4年に一度結成される「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」は、ニュージーランド遠征の6戦目として、6月20日にハミルトン(FMGスタジアム・ワイカト)でスーパーラグビーチームのチーフスと対戦し、34-6で快勝した。先週末のマオリ・オールブラックス戦に続く連勝で、ツアー成績は4勝2敗となった。

<2017 ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ 選手名鑑>

 今週末から始まるオールブラックス(ニュージーランド代表)とのテストシリーズを前に、景気をつける勝利だ。
 ライオンズは前半、WTBジャック・ノーウェルのトライなどで13-6とリードして折り返した。
 後半も最初の10分間は競っていたが、53分(後半13分)、ラインアウトからのドライビングモールでペナルティトライを獲得し、流れを引き寄せる。チーフスにイエローカードが出て数的有利となったライオンズは、5分後、相手のラインアウト失敗でボールを確保すると、自陣深くから素早くワイドに動かしてバックスの連続ゲインでチャンスとなり、プレミアシップ初優勝を果たしたエクセターのエースでもあるWTBノーウェルが敵陣22メートルライン外から防御網を破ってフィニッシュし、リードを広げた。63分にはチップキック処理からカウンター。FBリアム・ウィリアムズが鋭く切り込み、サポートしたCTBジャレッド・ペインがゴールに持ち込んで勝負を決めた。

 次はオールブラックスとの第1戦(計3戦)。24日にオークランドのイーデンパークでキックオフ。