ここから本文です

モンフィスが敗退、ティームは2回戦へ [ハレ/男子テニス]

6/20(火) 18:00配信

THE TENNIS DAILY

 ドイツ・ハレで開催されている「ゲリー・ウェバー・オープン」(ATP500/6月19~25日/賞金総額183万6660ユーロ/グラスコート)のシングルス1回戦で、第5シードのガエル・モンフィス(フランス)が不覚をとり、早くも大会から姿を消した。一方、第2シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は問題なく勝ち上がった。

ワウリンカが地元フランスのモンフィスを下して準々決勝進出 [全仏オープン]

 ティームはマクシミリアン・マーテラー(ドイツ)を7-5 6-3で下した。彼は2回戦でロビン・ハッサ(オランダ)と対戦する。

 モンフィスは、同胞のリシャール・ガスケ(フランス)に6-3 4-6 3-6で敗れた。ガスケは13度のブレークポイントを握られながら、うち11度をセーブし、モンフィスの22本のサービスエースにも関わらず、2時間あまりのプレーの末に勝利をつかんだ。

 第8シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)もまた、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した19歳のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に7-6(1) 5-7 4-6で敗れ、1回戦負けを喫したシードの仲間入りをした。

 ワイルドカードで出場のダスティン・ブラウン(ドイツ)は、予選勝者のバセック・ポスピショル(カナダ)に6-1 6-7(3) 7-6(4)で競り勝った。フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)はジョアン・ソウザ(ポルトガル)を3-6 6-4 6-4で下した。

 今大会で優勝歴8回のロジャー・フェデラー(スイス)は、16番目のグラスコート・タイトル獲得への挑戦を、火曜日のルー・イェンシュン(台湾)に対する試合で始めることになる。

 フェデラーは休養を経て、復帰第1戦だったシュツットガルトで、今シーズン限りの引退を表明している39歳、トミー・ハース(ドイツ)に驚きの敗戦を喫した。35歳のフェデラーは、全豪オープン優勝で始まった多忙なシーズン序盤の疲労から回復するため、クレーコートシーズン全体をスキップしていた。彼は4月のマイアミ・オープンで優勝してから前述のシュツットガルトまで、大会でプレーしていなかった。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo:HALLE, GERMANY - JUNE 19: Gael Monfils of France plays a backhand during his match against Richard Gasquet of France during Day 3 of the Gerry Weber Open 2017 at on June 19, 2017 in Halle, Germany. (Photo by Lars Baron/Bongarts/Getty Images)

最終更新:6/20(火) 18:00
THE TENNIS DAILY