ここから本文です

本田圭佑、カモン! 中国移籍に期待の声「彼ならディズニーランドでサボらないはず」

6/21(水) 11:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

アジアでの人気はいまだ健在

本田圭佑もまた、多くのスタープレイヤーと同じく中国スーパーリーグ参戦を果たすのだろうか。日本代表MFの新天地を現地メディアが推測している。

今季限りで所属するミランとの契約が満了し、自身のSNSアカウントでもすでにロッソネーリ退団を表明していた本田。31歳になったばかりの同選手には現在までにラス・パルマスやハル・シティ、そしてMLSのシアトル・サウンダーズといったクラブからの関心が伝えられており、アメリカ行きが最有力候補とされるものの、中国『新浪体育』は自国への上陸説を唱えている。

同メディアは本田が中国スーパーリーグへの参戦を考慮中だとし、フリートランスファーの同選手が移籍金を必要とせず、中国サッカー協会の新設したコスト面の制限にも抵触しないだろうと指摘。あらゆる面において、本田とのサインが魅力的なアイディアだと綴り、その実現を期待している。

また、中国版twitterとしても知られる『微博(ウェイボー)』では、このニュースに対する多くの歓迎コメントが飛び交った。

「本田はまだ数年はやれるはず。ゼロ円なんてまたとないチャンスだ」

「高い割に出来ることが少ないものの、スター選手であることに変わりはない」

「いまだにアジアではトップのスターだ。しかもフリー移籍なら大歓迎」

「本田圭佑ならディズニーでサボることもないだろうから是非ともサインすべき」

最後のコメントは、上海申花のカルロス・テベスが負傷欠場中にも関わらず上海ディズニーランドで休暇を楽しんだことへの皮肉だろう。もちろん本田側が中国移籍をそもそも考慮しているのかは定かでないものの、アジアにおける絶対的な知名度と同国の“大盤振る舞い”により、心が揺らいだとしてもおかしくはない。アメリカやプレミアリーグ行きも含め、同選手の決断に注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報