ここから本文です

ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ元副社長が役員報酬の歴代最高額を更新

6/21(水) 16:32配信

東京商工リサーチ

103億4,600万円で歴代最高額を更新

 6月21日、情報・通信大手ソフトバンクグループ(株)(東証1部、東京都港区)の有価証券報告書が提出された。2016年6月22日付で退任したニケシュ・アローラ元代表取締役副社長の2017年3月期の役員報酬額が103億4,600万円と、2016年3月期(64億7,800万円)の約1.6倍に増加した。これまで最高額だった同氏の2016年3月期役員報酬額を抜いて、歴代最高役員報酬額を更新した。
 ニケシュ・アローラ元副社長は、2014年9月にソフトバンクグループのバイスチェアマン、2015年6月には代表取締役副社長に就任した。同社の孫正義社長の第一後継者として期待されていたが、2016年6月に退任した。
 ニケシュ・アローラ元副社長の2017年3月期の役員報酬内訳は、基本報酬3億300万円、株式報酬11億9,600万円、退任費用88億4,700万円が計上されている。
 ソフトバンクグループ(役員報酬額3,300万円)のほか、連結子会社のSB Group US,Inc.(同102億8,800万円)、Sprint Corporation(同2,500万円)からの報酬だった。
 ソフトバンクグループは情報・通信大手の1社。日本およびアメリカで携帯電話事業を行うほか、ブロードバンドサービスなどを手掛けている。2017年3月期連結決算は売上高8兆9,010億円(前年同期8兆8,817億円)、純利益(注)は1兆4,263億円(同4,741億円)だった。

※2010年3月期決算から報酬等の総額、報酬等の種類別の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。
注:親会社の所有者に帰属する純利益

東京商工リサーチ