ここから本文です

くりぃむしちゅー、故郷・熊本で凱旋ライブ開催!「おかえり」の声に感動の輪が広がる

6/21(水) 6:50配信

ニッポン放送「しゃベル」

故郷・熊本への支援と、熊本地震を風化させないために、毎月1回のペースでチャリティトークライブを行っているくりぃむしちゅーが、6月19日夜、「チャリティトークライブ 第13回」をくまもと森都心プラザで開催した。

昨年2016年6月のニッポン放送イマジンスタジオを皮切りにこれまで計12回開催されてきた「くりぃむしちゅー チャリティトークライブ」。昨日(19日)のお昼に、これまでのチケット代金全てと、来場者にご協力頂いた募金の総額「1120万5786円」を、蒲島郁夫熊本県知事に届けた。

今回の会場は、熊本駅前にある「くまもと森都心プラザ」。熊本県民限定での無料ライブとなった今回、約450人の観客が来場。

ステージに登場すると、会場からは大きな拍手とともに、「おかえり!」の声が飛んだ。それに対し、深々とお辞儀をするくりぃむしちゅーの2人。会場全体があたたかい気持ちに包まれた。

気になるトークの内容は、1年間東京都内で開催してきたチャリティトークライブの総集編とも呼べるものとなった。特に、地元・熊本で過ごした学生時代の話で、地元の具体的な地名も飛び出すと、会場には大きな笑い声が響いた。

故郷でのトークライブは、これまでで最長の2時間15分。ステージの最後には、「来年もまた戻ってきたいです!」と意気込みが語られ、会場からはこの日一番の拍手と歓声が送られた。そして、ロビーに場所を移し、来場者を直接お見送りし、イベントは終了した。

チャリティトークライブは来月以降も予定されており、第14回は7月17日(月)に内幸町ホールで開催される。

ニッポン放送

Yahoo!ニュースからのお知らせ