ここから本文です

沖永良部島和泊町長選挙 現職の伊地知氏が無投票4選

6/21(水) 14:12配信

南海日日新聞

 任期満了に伴う鹿児島県沖永良部島の和泊町長選挙は20日、告示された。現職の伊地知実利氏(73)=喜美留=以外に立候補の届け出はなく、無投票で4回目の当選が決まった。同町長選の無投票は8年ぶり。伊地知氏は4期目に向けて「町民が幸せを感じる町づくりに努めていく」と抱負を述べた。
 伊地知氏は昨年12月の町議会定例会で「多くの課題解決には安定した行政推進が重要」と立候補を表明。農漁業・商工業の振興や、健全で効率的な行財政運営などの公約を掲げた。町内の各種団体などから推薦を受け、前哨戦から広範な支持を集めた。
伊地知氏は立候補の届け出後、同町手々知名の選挙事務所前で出陣式。竿田富夫後援会長は「誠実さと実行力で、必ずや私たちの期待に応えてくれるはず。これまで以上の支援・協力を」と支持を呼び掛けた。
 マイクを握った伊地知氏は「町の振興発展に全力で頑張りたい。かじ取り役をこれからも任せてほしい」と第一声。頑張ろう三唱の後、選挙カーに乗り込み遊説へ向かった。
 無投票当選の知らせは遊説中に入った。伊地知氏は取材陣に対し、「無投票という形で町民の負託を受けた。責任の重さを痛感するとともに、その期待をしっかりと受け止め、取り組んでいく」と力を込めた。
 同町長選を巡っては、一部で新庁舎建設計画を争点化する動きも見られたが、対立候補の擁立には至らなかった。
 伊地知氏の新任期は7月14日から4年間。当選証書付与式は26日午前10時から町防災センターで行われる。

伊地知実利(いじちさねとし) 当選4回(和泊町経済課長、総務課長、和泊町商工会事務局長、大島郡町村会副会長)県立沖永良部高校卒。和泊町喜美留

南海日日新聞

最終更新:6/21(水) 14:12
南海日日新聞