ここから本文です

東日本 今夜はじめ頃まで激しい雨 土砂災害に厳重警戒

6/21(水) 16:48配信

ウェザーマップ

 西日本の大雨の峠は越えたが、東日本は21日夜のはじめ頃にかけて雷を伴い激しい雨が降り、大雨となる見込み。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒が必要だ。

 きょう21日は西日本の太平洋側や東海に発達した雨雲がかかり、紀伊半島で昼前に1時間80ミリを超す猛烈な雨が降った所がある。午後4時20分までの24時間雨量は和歌山県で433ミリに達するなど、6月としては記録的な大雨に見舞われた。

 午後は大雨の中心が東へ移動し、午後2時前までの1時間に静岡市で67ミリの非常に激しい雨を観測した。浜松市内の複数の川で氾濫のおそれがあるとして、19万人以上を対象に避難勧告が出された。

◆大雨・雷・突風

 大雨をもたらしている低気圧は、21日夜には東北南部の太平洋側に進む予想。南から暖かく湿った空気が流れ込み、東日本の太平洋側では大気の状態が非常に不安定で、21日夜のはじめ頃にかけて局地的に1時間30ミリの激しい雨が降る見込み。

 これまでの大雨で、西日本は河川が増水している所があり、東海では地盤の緩んでいる所がある。引き続き、土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。東日本の太平洋側は、落雷や竜巻などの激しい突風も注意が必要となる。

最終更新:6/21(水) 16:48
ウェザーマップ