ここから本文です

「あなたのことはそれほど」最終回でネットが騒いだとある伏線

6/21(水) 12:10配信

ELLE ONLINE

いくえみ稜の人気コミックを原作にした不倫ドラマ「あなたのことはそれほど」(火曜後10・00)が、6月20日(火)に最終回を迎え、平均視聴率14.8%をマークし、自己最高の視聴率で幕を閉じた。

コラムニスト福田フクスケが斬る!「“あなそれ”は不倫ドラマを楽しむ視聴者をメタ批判する」

最終回で、美都(波瑠)と涼太(東出昌大)夫婦は離婚届を提出。最後に一度だけ、と屋台で夕食を楽しむ一方、有島(鈴木伸之)は麗華(仲里依紗)に許しを請うために、実家へ戻った子どもと妻の元へ足繁く通う……という展開だった。

最終シーンは1年後、とあるレストランに食事に訪れた美都は、新しい恋人らしき女性と一緒にいる涼太と遭遇。結婚式のパンフレットを手に持つ様子をみて「再婚するのか……」と疑念を抱いたが、実は女性は会社の部下で、仕事で使用する会場の下見としてその場を訪れていただけ、というものだった。

が、そこには会社の先輩・小田原(山崎育三郎)も同行していて、熱いまざなしで涼太を見つめる……という姿が未来の二人に何かあるのではないかという伏線を感じさせ、ネットで大反響。前回の第9話で思わず「前から涼太が好きだった」というカミングアウトをしていた小田原との、新しい展開を期待し「2人の関係がギクシャクしていなくて笑顔をかわしていて安心した」「小田原さんと涼太のスピンオフドラマ『それなり』が観たい!」と大いに盛り上がりを見せていた。

最終更新:6/21(水) 15:54
ELLE ONLINE