ここから本文です

ウインナーなど14品、金メダル受賞 国際コンテストでサイボクハム

6/21(水) 10:30配信

埼玉新聞

 サイボクハム(埼玉県日高市)は、3月に独バートザルツウーフレンで開かれたドイツ農業協会(DLG)主催の国際食品品質競技会で、ハムやウインナーなど自社14製品で金メダルを受賞した。金メダルを獲得した製品は「フランクフルト」「ロースハム」「ベーコン」など。

 同社は1997年にオランダで開かれた国際食肉コンテストに初挑戦して以来、延べ38の国際コンテストに自社製品を出品。質の高い製品を探求し続け、今回のDLGを含め計923個の金メダルを獲得している。

 笹崎静雄社長は「日本人のために作った日本の味が、ハムやソーセージの本場ドイツで評価された。これからもアジアから新しい風を送り続けたい」と受賞を喜んだ。

 国際食品コンテストに挑戦して今年で20年の節目を記念し、同社はウインナー約1万本(約180キロ分)を日高市に贈呈し、9月5日(予定)の学校給食で地元の子どもたちに味わってもらう。

最終更新:6/21(水) 10:30
埼玉新聞