ここから本文です

引退の井口に小久保氏「一番の思い出はアベック弾で初優勝」秋山氏、柴原氏、城島氏…ダイエー戦士の声

6/21(水) 11:26配信

西日本スポーツ

小久保裕紀氏(青学大、ダイエー時代の後輩の決断に)

 「引退の話は聞いていたので、驚きはなかった。野球への取り組み方や考え方が、後輩のお手本となる野球人だった。一番の思い出は99年にダイエー初優勝を決めた試合で、自分が同点、井口が勝ち越しとアベック本塁打を放ち、王監督を胴上げできたこと。残りの試合でファンに一打席でもいい姿を見せてほしいし、引退後は何らかの形で野球界に貢献してほしい」

秋山幸二氏(ダイエー時代に一緒にプレー)

 「日本一と世界一を経験した選手なんて、そうはいないからね。野球人としてうらやましいよ。42歳までやれたのは本人の努力ももちろんだが、家族の支えがあればこそ。いろんな球団を渡り歩いて、積み重ねた経験は今後に生きる。残り試合、ファンは彼のプレーを目に焼き付けてほしいし、私も応援している」

柴原洋氏(ダイエーに同期で入団)

 「一緒に戦った戦友のような仲なので、寂しさとかさまざまな思いがある。体も強かったが、メンタルも強かった。おそらく野球で緊張したことはなかったのでは。心技体が高いレベルでしっかりしていたからこそ、太く長く現役を張れたのだろう」

城島健司氏(ダイエーでともにプレー。米メジャーでも同時期に活躍)

「ホークス時代、キャンプで朝から晩まで一緒に練習した後、打撃や守備の話をしたのを思い出す。タイプが同じ右打者、井口さんのメジャーでの活躍がメジャー挑戦の背中を押してくれた。アメリカでもよく話をした。人生の中でなくてはならない存在。打撃はもちろん守備や肩、走塁でも超一流だった」

西日本スポーツ

最終更新:6/21(水) 11:37
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 14:55