ここから本文です

なぜ自民党は、憲法9条を変えようとしているのか。推進本部長が語ったその理由

6/21(水) 17:50配信

BuzzFeed Japan

自民党憲法改正推進本部は6月21日午前、全体会合を開き、憲法の改正議論を本格的にスタートさせた。8月までにたたき台をつくり、年内の改正案作成を目指す構えだ。日本外国特派員協会ではこの日の午後、保岡興治・憲法改正推進本部長が会見を開いた。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

安倍晋三首相が示した9条改正案に対し、特派員からは「(自衛隊の)実態が変わらないならば必要性はあるのか」との厳しい指摘も飛び出したが、保岡本部長は「1回目の9条改正としては、誠に正鵠を得ている」と理解を示した。

安倍首相は憲法記念日の2017年5月3日、憲法9条を2020年までに改正して自衛隊の存在を明文化する考えを、同日付の読売新聞インタビューなどで示している。

そこで語られているのは、「自衛隊を合憲化する」ために、9条の「1項、2項を残し、その上で自衛隊の記述を書き加える」などの持論だ。

そもそも安倍首相は憲法改正を目指す理由として、国会でこんな答弁をしている(5月9日)。

「政府の立場では自衛隊は合憲である。しかし憲法学者の7~8割が違憲とし、教科書にも記されているからこそ変えるのが私たちの世代の責任です」

安倍首相の「9条改正案」をどう受け止めたのか

会見で保岡本部長はこの点に言及。安倍首相の発言を「タイミングが良かった」と歓迎した。

「そろそろ憲法のどこをどのように具体的に変えるか、改正の必要性は何か。案文の形で明確にして、論議する時代を迎えている。そういう時に、ちょうどというかタイミング良く、安倍首相が発言をされた」

「非常にびっくりはしましたが、極めて鮮明で明確なご提案でした。本部長としては、総裁の意向をしっかり受け止めて、これを主要なテーマとしてまとめあげていくことが大切だなと思った次第です」

そのうえで、 あくまで党内の議論はこれからであり、自身の「受け止め方」だとしながら、こうも語った。

「自衛隊の諸君が命をかけて国を守り、災害救助に当たる。にも関わらず、それが違憲な存在であることが異常である。その議論の余地をなくしてしまおう、誰から見ても合憲だという改正をしようという提案であると理解した」

「この提案なら国会の3分の2以上の議員の賛成を得られる可能性があり、国民投票の点から見ても9割の国民が自衛隊を信頼し、尊敬している現状がある。これは1回目の9条改正としては、誠に正鵠を得ている」

保岡本部長はこのほか、推進本部で「高等教育の無償化」や、災害や戦争時に政府が持つ権限を決める「緊急事態条項」、さらに「1票の格差と参院合区問題」についても議論されていることを紹介した。

1/3ページ

最終更新:6/21(水) 17:50
BuzzFeed Japan