ここから本文です

【藤井聡太四段の会見全文】28連勝でも「自分の将棋に満足してない」師匠は偉業達成に「強すぎる」

6/21(水) 21:26配信

ホウドウキョク

デビュー以来、公式戦で連勝中の中学生プロ棋士・藤井聡太四段(14)が歴代最多記録と並ぶ、28連勝を達成し、21日午後、会見を行った。

藤井聡太四段の会見を動画で見る

「連勝できたのは本当に幸運」

ーー28連勝という大記録を達成した感想を教えてください。
本当にここまで連勝できるなんて夢にも思わなかった。運が良かった。

――今日はどんな気持ちで対局に臨まれたんですか?
普段通り。相手が前回苦戦した、澤田(真吾)六段だったので、内容のいい将棋をと思っていて、気を引き締めました。

――これまで28連勝。振り返って印象に残っている対局を教えてください。
途中で苦しんだのは数多かった。ここまで連勝できたのは本当に幸運だったと思っています。

――デビュー戦で戦った加藤一二三先生が昨日で引退をされたました
加藤先生とはデビュー戦で対決して、本当に多くのことを学ばせていただきましたし、迫力のある対局姿が見られないと思うと自分としても一抹の寂しさを感じます。

――28連勝ということで、いよいよ29日竜王戦で新記録。それに向けて意気込みを
竜王戦の本戦トーナメントということで、大きな舞台であり、相手も非常に強敵ですので、しっかり対局したいです。

師匠「非常に安定感が増してきた」

――(師匠・杉本昌隆七段へ)お弟子さんがとんでもない記録を達成、いまの気持ちを聞かせてください。
ちょっと強すぎるなと思いました。すごい記録を成し遂げてくれたなと思います。

――今日までの間に、アドバイスはされましたか?
昔から言っているのですが、彼に技術の指導はまったく必要ないので、遠くから見ているだけなんですけど、いつも通り落ち着いて自分の将棋を指すように、それだけです。

――今日は朝からこちらに?
お昼過ぎに来ました。

――どんなお気持ちで対局を見守っていましたか?
記録のかかった一番ということで、師匠としてというよりも一人の棋士として大変興味がありましたので、じっくり見ようと思っていました。

――次に大事な対局を控えています。藤井四段にアドバイスはありますか?
今までもそうでしたし、これからもそうなんですけど、今まで通り、自分の将棋を指すように、だけですね

――デビューしてから28戦。その一局、一局を見守って聞いて、藤井四段の将棋はどれくらい変わりました?
非常に安定感が増してきたと思います。もともと強さは何年も前から感じていましたので、良い時の将棋というのがもう手が付けられないくらいと昔から感じていました。時に、出来の悪い将棋もありましたけど、そういうのがみるみる少なくなって、毎回自分の将棋をさしているなと、非常に安定したなと思っています。

1/2ページ

最終更新:6/21(水) 21:26
ホウドウキョク