ここから本文です

新システムには超必須「アーセナルは絶対に彼を残すべきだ」

6/21(水) 19:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ウイングバックでさらに開花したチェンバレン

アーセナルは昨シーズン終盤から3バックシステムを導入し好成績を収めた。その3バックでFA杯決勝では王者チェルシーを打ち負かすなど、完全にフィットしている。

特に右ウイングバックを務めるアレックス・オックスレイド・チェンバレンは、これまでより前にスペースができた分、持ち前のドリブルが生きアシストを連発していた。新システムでさらに開花した同選手だが、契約延長がスムーズにいっておらず移籍の噂も出てきている。アーセナルOBであるレイ・パーラー氏は、チェンバレンは残すべきだと英『talkSPORT』に語った。

「アーセナルは絶対に彼を残すべきだ。イメージができるよ。アーセナルは契約延長の交渉をしているが、チェンバレン次第となっている。ベジェリンも同じように右サイドで上手くプレイしている。チェンバレンは特にキープレイヤーだし、これから大きなスカッドが必要となる。彼には本当に残って欲しいよ」

3バックの新システムは、ウイングバックがとても重要な役割を果たす。チェンバレンのように推進力があり、上下にハードワークできる選手が適任だ。このシステムにぴったりと当てはまる同選手だが、果たしてチームに残るのだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp