ここから本文です

ズベレフ 快勝で2年連続8強、2011年覇者のコールシュライバー下す<男子テニス>

6/21(水) 23:38配信

tennis365.net

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は21日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)が世界ランク56位のP・コールシュライバー(ドイツ)に6-3, 6-4のストレートで勝利し、2年連続のベスト8進出を果たした。

【錦織vsカチャノフ 1ポイント速報】

この日、強力なサービスを軸に試合の主導権を握ったズベレフが第8ゲームで先にブレークに成功して第1セットを先取。続く第2セット、第1ゲームで再びコールシュライバーのサービスゲームを破ると、そのままリードを守りきって勝利を手にした。

準々決勝では、第7シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対戦する。バウティスタ=アグは2回戦で、ワイルドカードで出場のD・ブラウン(ドイツ)をフルセットで下しての勝ち上がり。

昨年のゲリー・ウェバー・オープンでは、R・フェデラー(スイス)らを下して決勝に進出。F・マイヤー(ドイツ)にフルセットで敗れたが、準優勝を飾っていた。

20歳のズベレフは今シーズン、南フランスオープン(フランス/モンペリエ、ハード、ATP250)、BMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)、BNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)の3大会でタイトルを獲得。5月には世界ランクで自己最高の10位を記録し、初のトップ10入りを果たした。

しかし、今季グランドスラム2戦目の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では、まさかの初戦敗退を喫した。

一方、2011年大会覇者のコールシュライバーは、2年連続のベスト8進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:6/21(水) 23:38
tennis365.net