ここから本文です

移籍話渦中のD・アウベスがSNSで意味深発言!? 伊メディア「退団を示唆している」

6/21(水) 22:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「僕は幸せを浄化するためにここへ戻ってきた……」

昨夏に長年過ごしたバルセロナを離れ、ユヴェントスへ加入したブラジル代表DFダニエウ・アウベス。加入初年度の3冠こそならなかったものの、勝者のメンタリティを持つ彼は、ユヴェントスに史上初のセリエA6連覇とコッパ・イタリア3連覇、2年ぶりのチャンピオンズリーグ決勝進出をもたらした。そのため、D・アウベスへの来季の期待は計り知れないものになっていだだろう。

だが、ここにきて移籍話が浮上。かつての恩師ジョゼップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティへ加入するために、「D・アウベスの代理人がユヴェントスの首脳陣へ契約解除を要求した」や「シティとD・アウベスが口頭合意」と報じるいくつかの伊メディアもある。

そんな中、噂話の渦中にいるD・アウベスが20日に自身のInstagramを更新。とある家の中で撮られた一枚の写真とともに「僕は幸せを浄化するためにここへ戻ってきた……。僕にはお金や賞賛は必要ない。健康、良いベッド、きちんとしたマットレス、たくさんの意思さえあればいいんだ 」と綴った。

伊『Gazzetta dello Sport』など複数メディアによると、写真の家はD・アウベスが生まれ育った家とのこと。そして、この投稿は「今季の活躍によりイタリアで得た評価などを一旦リセットし、再び新たな未来へチャレンジする」ということを意味しており、同メディアらは「ユヴェントスを退団し、マンチェスター・シティ行きを示唆しているではないか」との見解を示している。

はたして、D・アウベスがInstagramへ投稿したこの文章は何を意味しているのだろうか。また、彼は1年でユヴェントスを離れることになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/