ここから本文です

「パイレーツ~」世界初4D上映に、栗山千明「ズルい」

6/21(水) 20:00配信

Lmaga.jp

ジョニー・デップ主演映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の「ずぶぬれスプラッシュ4D試写会」が21日、大阪「TOHOシネマズなんば」でおこなわれ、日本語吹き替え版で女性天文学者カリーナを演じた女優の栗山千明が登場。舞台挨拶をおこなった。

【写真】腐女子ドラマでBL漫画家を演じた栗山千明

この日実施された「ずぶぬれスプラッシュ4D試写会」は、世界最速での上映。客席は映画のシーンに合わせて上下左右に揺れ、さらには風や水、香りなど、キャラクターたちと五感を共有する試写会。同作の4D版は、この日が世界で初めての上映となり、栗山も思わず「すごいですよね。私も4Dを体感してないので、みなさんズルいなって(笑)。うらやましいです」とコメント。

今回の4D上映は、映画にちなんで水量が通常の2倍となるため、観客はレインコートを着て鑑賞。栗山は客席に向かって「夏にぴったりな最高のエンタテインメントですので、じっくりと味わってください」とアピールした。映画は7月1日に公開される。

最終更新:6/21(水) 20:12
Lmaga.jp