ここから本文です

ビルボード・フィリピン、音楽チャートをスタート 初の首位はエド・シーラン

6/21(水) 20:25配信

Billboard Japan

 ビルボード・フィリピン(ビルボードPH)初となる国内音楽チャートが2017年6月12日に発表された。現地のオンデマンド・ストリーミング・データ(Apple Music、Spotify、YouTube)にiTunesからのダウンロード・セールスが加味され、フィリピン国内の人気音楽を最も正確に表したチャートとなっている。

 ビルボードPH・Hot 100チャートでは国内外アーティストの曲がランキングされる。ビルボード・フィリピン・トップ20チャートは国内アーティストのみのランキングで、ビルボードPH・カタログ・チャートは3年以上経過しているものの、現在も盛んにストリーミングされているフィリピン・アーティストの楽曲が対象だ。

 ビルボードPH・Hot 100チャート初の1位はエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」。ブルーノ・マーズとザ・チェインスモーカーズがそれぞれ2曲ずつTOP10にチャートインしている。DJキャレドの「アイム・ザ・ワンfeat.ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン」が3位、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で現在首位の座をキープしているルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」は5位に入っている。

 ビルボード・フィリピン・トップ20チャート初の1位はイニーゴ・パスクアルの「Dahil Sa’Yo」で、2位はロック・フュージョン・バンドSudの「Sila」だ。3位と4位に女優のJonaの「Pusong Ligaw」と「Maghihintay Ako」がそれぞれチャートインしている。

 2016年9月にスタートし、早々にフィリピンで最大の音楽情報サイトとなったビルボードPHでは、既に米ビルボード“Hot 100”と米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”も公開されており、国内チャートが新たにプラスされたことによって、より一層フィリピンの音楽ファンの注目を集めそうだ。

 ビルボードPHチャートは現地時間の毎週月曜日に更新される。

最終更新:6/21(水) 20:25
Billboard Japan