ここから本文です

『3人の涙』は低迷する巨人を変えるか

6/21(水) 14:00配信

ベースボールキング

良い形で締めくくった交流戦

 6月19日、雨で中止になっていたDeNA-オリックスの一戦が行われ、2017年のセ・パ交流戦全日程が終了した。

 セ・リーグ3位で交流戦を迎えた巨人は、開幕9連敗という最悪のスタート。交流戦前から続いた連敗は「13」まで伸び、球団ワースト記録を更新するなど、まさにどん底の状態に陥っていた。

 それでも6月9日の日本ハム戦でようやく初勝利を掴むと、6月13日からの6連戦は5勝1敗で乗り切り、最終成績は6勝12敗。一時はリーグ順位も5位まで落ちたが、最後の巻き返しで現在は4位に持ち直し、リーグ戦の再開を待っている。

エースが流した涙

 本当に苦しかった交流戦。象徴的だったのは、エースが流した涙だろう。

 6月13日のソフトバンク戦。先発した菅野智之は9回120球の熱投で1失点の完投勝利。試合後のお立ち台では「連敗の記録を伸ばしてしまったのは自分なので、なんとか流れを変えようという気持ちを持って投げました」と語り、その目からは涙が溢れた。

 5月30日の交流戦初戦、楽天を相手に5回8失点(自責は6)で敗れると、つづく6月6日の西武戦では味方打線に援護をもらいながらも6回5失点で降板。その後チームは敗れ、連敗は球団ワーストタイの11に伸びた。

 2度に渡って連敗を止めることができなかった責任。それがお立ち台の言葉にも表れていた。エースでありながらチームが一番苦しいときに助けられなかった不甲斐なさ、情けなさ…。悔しい感情が一気に溢れてきた瞬間だった。

スタートラインに立ったFA戦士

 さらに菅野の涙の翌日、また別の男が東京ドームのお立ち台で涙を流した。巨人加入後初登板で初勝利を挙げた山口俊である。

 FA組として期待されながら、右肩の故障で戦線離脱。開幕一軍を逃すと、そのまま長いリハビリ生活を強いられた。チームが不振に苦しむ中、戦力となれなかった山口と陽岱鋼、森福允彦の“FAトリオ”は度々その元凶として槍玉に挙げられ、言い返すことができない悔しさ、不甲斐なさは凄まじいものがあったことだろう。

 迎えた6月14日、2カ月半遅れの開幕戦でFA右腕が躍動。6回まで強力ソフトバンク打線を無安打に封じ、後ろへバトンを繋ぐ。すると受け継いだスコット・マシソンが2回を無安打無失点でつなぐと、最後のアルキメデス・カミネロも無安打で9回を締める“ノーヒットノーランリレー”。プロ野球史上4度目、セ・リーグでは初となる快挙を成し遂げた。

 しかし、初登板で大仕事をやってのけた男が発した「初めまして!山口俊です!よろしくお願いします!」という第一声は明らかに上ずっていた。

 「勝ててホッとしています」。この言葉を絞り出した後、男の目から涙が止まらなくなる。

 「FAで来てすごい迷惑をかけていましたし、これからジャイアンツの一員としてしっかり頑張っていきたいと思います」。しばしの沈黙を経て出てきたこの言葉が、右腕の正直な気持ちだった。

 常に勝利が求められ、常に注目が集まるチームにFAで加入したことの重み。チームが苦しむなか、何も出来ない自分への苛立ち、怒り…。すべてを背負って立ったマウンドで、山口はようやく巨人の一員としての第一歩を踏み出した。

1/2ページ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 11:55