ここから本文です

独メディア「可能性は高い」鳥栖の20歳MF鎌田にフランクフルト移籍報道

6/21(水) 17:45配信

ゲキサカ

 ブンデスリーガのフランクフルトがサガン鳥栖に所属するMF鎌田大地(20)に獲得オファーを出していることが分かった。『リーガインサイダー』など、ドイツ複数メディアが報じている。

 フランクフルトはすでにGKハインツ・リンドナーがグラスホッパー(スイス)、FWハリス・セフェロビッチがベンフィカ(ポルトガル)に移籍することが決定。来季に向けた中盤の新戦力として、若きゲームメイカーの鎌田に白羽の矢が立ったようだ。報道によると移籍金は約3億円と見られ、『リーガインサイダー』では「両クラブは合意に達する可能性が高い」としている。

 鎌田はG大阪ジュニアユースから東山高を経て、2015年に鳥栖へ加入。同年5月10日のJ1第1ステージ第11節の松本戦(1-1)でJ1初出場を果たし、この試合でプロ初ゴールも挙げた。ここまでJ1通算64試合に出場し、13得点を記録している。

 フランクフルトにはMF長谷部誠も在籍。移籍が実現すれば、日本代表キャプテンとチームメイトになる。

最終更新:6/21(水) 18:27
ゲキサカ