ここから本文です

ヒヤヒヤ広島、鹿児島DF関に2ゴール許すも…工藤の決勝弾で3回戦へ

6/21(水) 19:55配信

ゲキサカ

[6.21 天皇杯2回戦 広島3-2鹿児島 福山]

 天皇杯の2回戦が21日に行われ、福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場ではJ1のサンフレッチェ広島と鹿児島県代表として出場しているJ3の鹿児島ユナイテッドFCが対戦。試合はともに2点ずつを奪い合って終盤を迎えるが、後半36分にFW工藤壮人が決勝点を記録して、広島が3-2の勝利を収めた。2回戦を突破した広島は3回戦では徳島対岐阜の勝者と対戦する。

 試合をいきなり動かしたのは鹿児島だった。前半6分、縦パス1本で右サイドを抜け出したMF野嶽惇也が送ったクロスの流れから、最後は逆サイドから走り込んだDF関光博が巧みに右足で合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 1点を先行された広島は前半13分、MF宮吉拓実がPA外からゴールを脅かすも相手選手に当たってコースが変わったシュートはポストを叩いてしまう。だが同16分、左サイドでボールを受けた宮吉のラストパスからゴール前でフリーになった工藤が落ち着いて右足で流し込み、試合を振り出しに戻した。

 1-1のまま後半を迎えると、後半8分に広島が逆転に成功する。右サイドでMFフェリペ・シウバが落としたボールに反応した工藤のシュートはGK山岡哲也に阻まれたものの、こぼれ球を宮吉がきっちり蹴り込んでスコアを2-1とした。だが、反撃に出る鹿児島は同30分、右サイドからMF吉井孝輔が送ったグラウンダーのクロスを関がダイレクトで合わせてゴールを陥れ、自身2点目を記録して2-2の同点に追い付いた。

 粘りを見せた鹿児島だったが、後半36分、右サイドから送られたクロスを宮吉が折り返すと、工藤が胸トラップから鮮やかな左足シュートで決勝点を奪い、広島が3-2の勝利を収めた。

最終更新:6/21(水) 21:52
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報